検索

Round03-04日本スポーツランドSUGO

全日本F3 決勝

2018年5月26日(土)-27日(日)

#93 大湯都史樹が第3戦でF3初表彰台を獲得
#2 阪口晴南は第4戦で3位表彰台を獲得

5月26日(土)~27日(日)にスポーツランドSUGO(宮城県)で全日本F3選手権シリーズ第3戦、第4戦が行われ、HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)からは阪口晴南、大湯都史樹(TODA RACING)、笹原右京(ThreeBond Racing)らが参戦しました。

快晴で迎えた土曜日の午前10時20分から公式予選が行われ、大湯が第3戦で3番手、第4戦では2番手の好グリッドを獲得。阪口、笹原は第3戦、第4戦ともそれぞれ4番手、5番手からのスタートとなりました。

土曜日午後、まずは第3戦の決勝レースが開催されました。スタートでフロントローの2台が好スタートを決めると、大湯、阪口がそれに続き、笹原も5番手につけます。レース中盤には大湯と阪口が3番手争いを展開、そこに笹原が追いつきグループを形成しましたが、終盤にかけてそれぞれの間隔が開き、そのまま3位~5位でフィニッシュとなりました。

日曜日の午前に開催された第4戦では、最前列2番手からスタートした大湯がスタートで2台に先行を許し、4番手からのレースに。これに笹原が続き、レース中盤まで上位5台が1秒前後の間隔で周回を重ねました。レース終盤には、5番手の笹原がペースを上げて4番手の大湯との間隔を縮めましたがオーバーテイクはできず、最終的に阪口が3位、大湯が4位、笹原選手は前日に続き5位でチェッカーフラッグを受けました。

コメント

大湯都史樹(3位/4位)
大湯都史樹 「第3戦ではようやく表彰台に上がることができましたが、第4戦ではスタートに失敗したことが悔やまれます。前回の鈴鹿よりはペースがよくなったのですが、トップ2台に比べるとまだまだポテンシャルが不足しています。今回は短いSUGOのコースなのでタイム差がそれほど目立ちませんでしたが、差はまだかなり大きいと思います。しかしチームとしては2戦連続表彰台で、ぼくも初めて表彰台に上がれたので、この勢いでがんばります」

阪口晴南(4位/3位)
阪口晴南 「予選では赤旗のタイミングもあり、タイムアタックが無駄になってしまいました。ようやく戦えるようになったかなと感じましたが、レースではまだまだやらなければならないと思い知らされました。でも、スタートでは自分のポジションをしっかり守れたので、一歩成長したように思います。レースでもっと前に行けるよう、自分もマシンも、もっと速くしなければなりません」

リザルト

第3戦

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム/差
1 36 坪井翔 カローラ中京 Kuo TOM'S F317 18 22'20.170
2 37宮田莉朋カローラ中京 Kuo TOM'S F317 18 +1.742
3 93大湯都史樹TODA FIGHTEX 18 +11.550
4 2阪口晴南TODA FIGHTEX 18 +13.427
5 12 笹原右京 THREEBOND 18 +14.459
6 1 金丸悠B-MAX RACING F3 18 +18.730

第4戦

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム/差
1 36 坪井翔 カローラ中京 Kuo TOM'S F317 25 31'07.270
2 37宮田莉朋カローラ中京 Kuo TOM'S F317 25 +1.389
3 2 阪口晴南TODA FIGHTEX 25 +19.230
4 93 大湯都史樹TODA FIGHTEX 25 +20.865
5 12 笹原右京 THREEBOND 25 +22.328
6 8 片山義章YTB F318 25 +27.154

ポイントランキング

ドライバー

順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1 坪井翔 カローラ中京 Kuo TOM'S F317 46
2 宮田莉朋 カローラ中京 Kuo TOM'S F317 30
3 阪口晴南 TODA FIGHTEX 18
4 大湯都史樹 TODA FIGHTEX 8
5 笹原右京 THREEBOND 7
6 金丸悠 B-MAX RACING F3 5

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Dream Challenge > 2018 第3・4戦 スポーツランドSUGO 決勝(全日本F3)

ニュース