世界初※1を生み出した技術力。
人をやさしく包む、Honda独自のエアバッグ。

エアバッグシステム作動イメージエアバッグ動作イメージ

1987年に国内で初めて※2エアバッグシステムを搭載したHonda。
人の安全を第一に考えた視点で技術をさらに磨き上げ、2008年にはエアバッグの容量を連続して
変化させるエアバッグシステムを世界で初めて開発※1
Honda独自のエアバッグとして今なお多くの人の安全を支えています。

衝突安全性能

「早く」「長く」「優しく」膨らむ
Honda独自のエアバッグ。

さまざまな体格や衝突状況に対応するHonda独自の「連続容量変化タイプ」
運転席用i-SRSエアバッグを、助手席用SRSエアバッグとあわせて全タイプに標準装備。

運転席用i-SRSエアバッグシステム

ステアリングに近い小柄なドライバー
ステアリングに近い
小柄なドライバー

ステアリングの近くに座るドライバーを守るために、より早く膨らみ、体を受け止めます。

ステアリングから遠いドライバー
ステアリングから
遠いドライバー

ステアリングから離れて座っているドライバーを守るために、膨らみをより長く保ちます。

従来のエアバッグ 連続容量変化タイプ
従来の
エアバッグ
連続容量
変化タイプ

飛び出しを抑え優しく膨らむので、ドライバーへの衝撃力を減らします。

側面衝突に備えたエアバッグでさらなる安心を。

胸部へのダメージを低減するサイドエアバッグと、頭部や頚部を保護するサイドカーテンエアバッグ。側面衝突時の安全性を高めるエアバッグで、万が一の際の安心をさらに高めました。

前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム〈前席/後席対応〉タイプ別設定

前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム写真は機能説明のため、エアバッグが展開した状態を合成したものです。

もしもの場合も、
被害を最小限に抑えるために。

ボディ骨格の各所に軽量ながら強度に優れた素材を配置することで、優れた衝突安全性能に貢献。また、相手車両や歩行者の安全まで視野に入れ、相手車両に与えるダメージも軽減する「コンパティビリティ対応ボディ」とともに「歩行者傷害軽減ボディ」を採用しています。

衝突安全設計ボディ

衝突安全設計ボディ

ボディ構造モデル

万が一の際の頚部、
頭部への衝撃を緩和。

低速で後方から追突された際に、シートが衝撃を緩和して首への負担を軽減する頚部衝撃緩和シートを運転席/助手席に採用。さらに乗員の頭部への衝撃を緩和するよう室内のルーフサイドなどを衝撃吸収構造としています。

頚部衝撃緩和フロントシート

頭部衝撃保護インテリア

頚部衝撃緩和フロントシート 頭部衝撃保護インテリア

チャイルドシートを、
確実・容易に
固定するために。

衝突時、チャイルドシートの前方への移動を効果的に抑制するために。汎用型ISOFIXチャイルドシートを確実・容易に装着できる固定金具(アンカレッジ)をリア左右席にご用意しています。さらに、i-Sizeチャイルドシートにも対応。

i-Sizeチャイルドシート対応 ISOFIXロアアンカレッジ+トップテザーアンカレッジ

i-Sizeチャイルドシート対応 ISOFIXロアアンカレッジ+トップテザーアンカレッジ

写真はi-Sizeチャイルドシートを装着したものです。チャイルドシートはディーラーオプションです。

※1 2008年にi-SRS〈連続容量変化タイプ〉を世界で初めて開発。 Honda調べ。

※2 Honda調べ。

■各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。

■エアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムです。くれぐれもシートベルトの正しい着用をお願いします。

■運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用SRSエアバッグシステムは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。前方向からの、設定値以上の衝撃を感知したときのみ作動します。

■前席用i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステムは、実際の衝突時には衝突側のみ展開します。i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステム装備車は、システムを正しく機能させるための注意事項があります。

■ISOFIXとは、誤使用防止、車両適合性の向上、取り付け方法の国際的な統一を目的とした、ISO(国際標準化機構)規格のチャイルドシート固定方式です。

■必ず適合するチャイルドシートをお選びください。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。