操る楽しさを詰め込んだ、Hondaらしい軽快な走り。

走行イメージ写真走行イメージ写真

わずかな段差で発生する衝撃、ステアリングから伝わる振動など、小さなストレスを
できるだけ減らして、乗り心地の良さを高めました。また足回りにも徹底的にこだわることで、
爽快感あふれる加速性能と、高い静粛性で、Hondaらしい軽快なドライブフィールを味わえます。

走行性能

静粛性を徹底的に追求した、上質な乗り心地。

HYBRID・S Honda SENSINGには遮音機能付きフロントウインドウガラスの採用やフロアアンダーカバーの材質を吸音タイプにするなど車外からの騒音を抑制。細部を徹底的に見直し、静粛性に配慮しています。タイプ別設定

静粛性を追求

操縦安定性と乗り心地の良さを両立する、サスペンション。

操縦安定性と乗り心地の良さを高次元で両立する、サスペンションを採用。リアサスペンションは性能を向上させながらコンパクト化を実現することで、広い室内空間にも寄与しています。

サスペンション

運転が楽しくなる、軽快なハンドリング。

様々なシーンで安心して運転が楽しめるように、コントロール性を重視したステアリングフィールを追求。さらに、ステアリングから感じる振動を低減し、安心感のある、高品質な操作感を実現しています。

さらなる静粛性と走りに磨きをかけた
2つのモデル。

HYBRID・S Honda SENSINGでは遮音性を高めるため、エンジンルームや走行時の路面のノイズ抑制を徹底し静粛性を向上。コンパクトカーとは思えない程の上質な走りを実現しています。

またRS・Honda SENSINGでは走りを磨きあげることで、すぐれた直進性、高い操縦安定性を獲得。リニアなハンドリングによる軽快な走りが楽しめます。タイプ別設定

2つのモデル

軽快でリニアな
ハンドリング。

RS・
Honda SENSING

静粛性を高めた上質な走り。

HYBRID・S
Honda SENSING

運転しやすさ

広々とした視界の広さで、左右の見通しよく。

たとえば前方視界なら、ワイパーなどが目に入りにくいように、デザインや設計を考える。
右左折時の死角が少なくなるように、ドアミラーの位置も見直すなどフィットならではの運転しやすさを追求しています。

前方視界

後方視界もスッキリ
見やすく快適。

大型のテールゲートガラスや埋め込み式のヘッドレストを採用することで、スッキリとした後方視界を実現しています。

後方視界

一度味わうと手放せない、運転のしやすさ。

ほとんどの立体駐車場に対応した全高。狭い道もUターンも軽々こなせる最小回転半径。
さらに乗る人にあわせて、ステアリングの位置もシートもフレキシブルに調整可能です。

立体駐車場OK

立体駐車場OK

狭い道もスイスイ小回り

狭い道もスイスイ小回り

自分に合った運転姿勢を

自分に合った運転姿勢を

※1 数値はFF車。4WD車は155.0cm。いずれもマイクロアンテナの高さは含まず。

※2 13G・FのFF車

※3 タイプ別設定

■掲載の写真には、機能説明のための作動イメージが含まれます。

■メーター類は撮影のため点灯。

■画面はハメコミ合成。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。