FIT

お近くのお店を探す

インテリアデザイン

乗った瞬間に感じる。見ても、触れても、心地いいインテリア。

柔らかさが目にも手にも上質な、助手席インストルメントパネル部のソフトパッドパネル
タッチパネル採用で見た目もスッキリとしたフルオートエアコン
軽快な操作感が気持ちいいハイブリッド専用セレクトレバー。デザインにも、質感にもこだわって、心地よいインテリアを仕立てました。

※タイプ別設定

Photo:HYBRID・Lパッケージ(FF) メーカーオプション(Honda インターナビ)装着車 メーター類は撮影のため点灯。

Photo:HYBRID・Lパッケージ(FF) メーター類は撮影のため点灯。

Photo:HYBRID・Lパッケージ(FF)

Photo:HYBRID・Fパッケージ(FF) インテリアカラーはライトグレー ディーラーオプション(オーディオホールリッド)装着車 メーター類は撮影のため点灯。

Photo:HYBRID・Fパッケージ(FF) インテリアカラーはライトグレー ディーラーオプション(オーディオホールリッド)装着車

プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー

タッチパネルで操作をスマートに。プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー※1

操作パネルに静電式タッチパネルを採用している、フルオート・エアコンディショナー※1。手袋をつけたままでも操作が可能※2です。同じく静電式タッチパネルを採用したメーカーオプションナビを装着すれば、さらに統一感のとれた先進的なインテリア空間に。

プラズマクラスター※3

プラズマクラスター技術搭載で、エアコンまたは送風に連動して作動し、空気浄化や
脱臭などの効果※4を発揮。ドライブをもっと快適にします。

  • ※1 タイプ別設定
  • ※2 厚手の手袋やゴム手袋などでは操作できません。
  • ※3 シャープ株式会社のプラズマクラスター技術を搭載しています。当技術マークの数字は、プラズマクラスター作動時の各席(着座時の顔面高さ)で測定した空中に吹き出される1cm3あたりのイオン個数の平均値の目安です。
  • ※4 車内の状況や個人差により効果の程度が異なる場合があります。

インテリアデザインについてさらに詳しく

インテリアカラー

タイプにあわせてコーディネート。多彩なインテリア。

13G(各パッケージを含む)/13G 特別仕様車 インテリアカラーはブラック

15XL インテリアカラーはブラック(コンビシート)

RS インテリアカラーはRSブラック

HYBRID/HYBRID・Fパッケージ/HYBRID 特別仕様車 インテリアカラーはライトグレー

HYBRID/HYBRID・Fパッケージ/HYBRID 特別仕様車 インテリアカラーはニュアンスブラック

HYBRID・Lパッケージ インテリアカラーはブラック(コンビシート)

HYBRID・Sパッケージ インテリアカラーはRSブラック

※インテリアカラーのライトグレーは、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、プレミアムピンク・パール、プレミアムディープモカ・パール、ミッドナイトブルービーム・メタリック、プレミアムブルーオパール・メタリックでお選びいただけます。

室内空間

人のための空間を、もっともっと広く。

誕生以来、コンパクトカーの常識を覆す「広さ」に挑み続けてきたフィット。
その最先端がここにあります。見た目からは想像もつかない、ゆとりたっぷりの室内空間。
かなえたのは、初代フィットが発明した、Honda独自のパッケージング技術「センタータンクレイアウト」です。

コンパクトカーとは思えない、後席のゆとり。

乗る人みんなが気持ちよく過ごせるように、後席の広さにこだわりました。
ひざまわり、そして頭上にも、ゆとりをしっかりとることで、開放感を高めたフィット。
コンパクトカーとは思えないほど、ゆったりくつろげます。

コンパクトカーとは思えない、後席のゆとり。

室内空間についてさらに詳しく

使いやすさ

フィットだからできる、フラットだから使える、大容量の荷室。

「センタータンクレイアウト」を活かした、
フィットならではの魅力が、フラットで大容量の荷室です。
5人乗っても充分な荷室が、後席を倒すことでさらに拡大します。

大きなモノ、背の高いモノ、長いモノも。フィットなら大丈夫。

もちろん後席を倒さなくても、たっぷり積み込めます。

大きなモノ、背の高いモノ、長いモノも。フィットなら大丈夫。ULTR SEAT※(ウルトラシート)

充分に大きいフィットの荷室が、ワンアクションの簡単操作で後席を倒せば、さらに大容量に。座面をはねあげたり、
助手席を寝かせることで、背の高いモノも長いモノもお手のもの。荷物に合わせて自在にアレンジできる荷室です。

※タイプ別設定

背の高い荷物も、フィットなら倒さず積める。

後席の座面をはね上げれば、高さ128cmの荷室空間に。
倒したくない荷物を積む時に便利です。片側ずつアレンジできるので、
車内で靴やブーツを履き替える時にも使えます。

背の高い荷物も、フィットなら倒さず積める。

後席が「フラットになる」だからこそ使いやすい。

アレンジ操作はワンアクション。床が低くフラットなので
サッと積みこめます。アレンジする時ゆっくりと倒れて、
軽い力で起こせる「ダンパー機構付」のリアシートもタイプ別設定。

後席が「フラットになる」だからこそ使いやすい。

重い荷物もラクに積める。大きく低い開口部。

重い荷物を高く持ち上げなくても積みこめるように、
地上から開口部の高さをできるだけ低く。
積みやすさに配慮しています。

重い荷物もラクに積める。大きく低い開口部。

小さな収納にも、とことんこだわりました。

すぐ手が届くところに、置きたいものがぴったり収まる。
ただ数が多いのではない、使いやすさにこだわった収納です。

小さな収納にも、とことんこだわりました。

使いやすさについてさらに詳しく

快適空間

人にやさしい気配りで乗る人すべてに心地よさを。

紫外線(UV)をほぼカット。 赤外線(IR)も軽減。

紫外線(UV)約99%カット※。ジリジリした暑さを生む、赤外線(IR)も軽減。

IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付フロントウインドウガラス、
IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカットフロントドアガラス
タイプ別設定

肌のジリジリ感のもととなる赤外線(IR)を軽減し、
紫外線(UV)も約99%カットするガラスを
フロントコーナーガラスを除く前席の窓3面に設定しています。

※ Honda調べ。ISO9050基準。

360° スーパーUV・IRカット パッケージ

すべての席に、日差し対策。360° スーパーUV・IRカット パッケージ
特別仕様車専用装備

  • ・IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付フロントウインドウガラス
  • ・IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカットガラス(フロントコーナー/フロントドア)
  • ・IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカットプライバシーガラス
  • (リアドア/リアクォーター/テールゲート)

360° スーパーUV・IRカット パッケージの効果

  • ※1 すべての窓ガラスで紫外線約99%カット(ISO9050基準)と赤外線約70〜80%カット(波長域780〜2,500nm)。Honda調べ。
  • ※2 SPF/PAは、皮膚に塗布するサンスクリーン評価方法であり、通常、窓ガラスの評価方法には使用されませんが、ガラスを皮膚に密着させた状態で日本化粧品工業連合会の定める測定方法に従い実験を実施し計測。
  • ※3 テスト車両(N-BOX)の後席にチャイルドシートを装着し、初夏の強い西日を模した人工太陽灯を5分間照射した際の、従来プライバシーガラスとの比較。

運転席&助手席シートヒーター

冬にうれしいシートヒーター。

運転席&助手席シートヒーター タイプ別設定

運転席と助手席にシートヒーターを装備。
寒い日もカラダを温め、快適にドライブできます。
温度調節機能付き。

アレルゲン抑止イメージ

空気中のアレルゲンを分解除去。

アレルフリー高性能脱臭フィルター

外気を取り込む際にスギ花粉だけでなく、アレルギー性疾患を引き起こす
アレルゲンのほとんどをシャットアウト。
室内のアレルゲンを5分以内に半減、15分でほぼ捕獲してフィルター内部で処理。

※Honda社内実車テスト値

インテリアについてさらに詳しく

  • ■インテリアの写真は機能説明のための、カットボディによる合成写真です。
  • ■ハイブリッド車とガソリン車ではラゲッジルームの形状が若干異なります。
  • ■数値はすべてHonda測定値。
  • ■小物類は撮影のために用意したものです。
  • ■安全のため走行の際は荷物をしっかり固定してください。
  • ■プラズマクラスターマークおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterは、シャープ株式会社の商標です。
  • ■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「装備一覧」「主要諸元」をご覧ください。