室内

広大な室内

平らな床の、長さ2mを超える空間で大きな荷物も積める、寝転べる。

平らな床の、長さ2mを超える空間で大きな荷物も積める、寝転べる。

写真はディーラーオプション装着車

広大な室内についてもっと詳しく見る

多彩な空間アレンジ

反転フロアボードとシートのアレンジで空間自由自在。多彩に使える、楽しめる。

動画を見る

  • フルトールモード
  • 右側フラットモード
  • 左側フラットモード
  • 右側スロープモード
  • 左側スロープモード
  • ロングスロープモード
  • フルフラットモード
  • フルスロープモード
  • ロングスロープ+スロープモード
  • ロング+フルフラットモード

反転フロアボードについてもっと詳しく見る

大きな開口部

両側スライドドアもテールゲートも大開口だから乗り降り、載せ降ろしラクラク。

大きな開口部についてもっと詳しく見る

便利な収納が充実

置ける、しまえる、吊るせる、照らせる。空間に充実の使いやすさを。

  • 荷室に便利な収納
  • 乗っている人に便利な収納
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 1
  • 2
  • 6
  • 7
  • 8
  • 7
  • 7

1.サイドライニングトレイ(左右)

2.リアサイドポケット(左右)

3.ビルトインテーブル[タイプ別設定]

4.ボトルホルダー[タイプ別設定]

5.カーゴスポットライト(角度調節機構付)[タイプ別設定]

6.ユーティリティフック(左右)

7.タイダウンフック(4カ所)

8.反転フロアボード

9.フロアサイドボックス[タイプ別設定]

  1. サイドライニングトレイ
  2. リアサイドポケット
  3. ビルトインテーブル
  4. ボトルホルダー
  5. カーゴスポットライト(角度調節機構付)
  6. ユーティリティフック
  7. タイダウンフック
  8. 反転フロアボード
  9. フロアサイドボックス
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 3

チケットホルダー

センタートレイ

センタードリンクホルダー

スライドドア・ボトルホルダー

センターロアボックス

大型ドアポケット

シートバックポケット

コンビニフック

  1. チケットホルダー
  2. センタートレイ
  3. ドリンクホルダー
  4. センタードリンクホルダー
  5. スライドドア・ボトルホルダー
  6. グローブボックス
  7. センターロアボックス
  8. 大型ドアポケット
  9. シートバックポケット
  10. コンビニフック

快適空間

目に見えないところで、車内の居心地を高める快適技術

プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー

プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー

イオンを放出して空気の浄化や美肌*1、さらには脱臭、除菌効果*2もあるプラズマクラスター技術を搭載したエアコンをタイプ別で設定。エアコンもしくは送風に連動して作動します。

■シャープ株式会社のプラズマクラスター技術を搭載しています。プラズマクラスターマーク及びプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の商標です。

スーパーUVカット・フロントドアガラス

窓は日焼けの原因、紫外線(UV)を効率よくカットするUVカット機能付※2。さらに、フロントドア ガラスには、UVを約99%カット※1するスーパーUVカットを採用しています。

※1:Honda調べ。ISO9050基準
※2:Gタイプのリアドア/テールゲートウインドウを除く。

アレルフリー高性能脱臭フィルター

スギ花粉などのほか、アレルギー性疾患を引き起こすアレルゲンをほぼシャットアウト。

■室内のアレルゲンを5分以内に半減、15分でほぼ捕獲して、フィルター内部で処理。
※Honda社内実車テスト値。

アレルクリーンシート

シート表皮にダニやスギ花粉などのアレルゲン物質が付着した際、その活動をほぼ完全に抑制するアレルクリーンシートを全タイプに採用。

※ダニアレルゲン98%、スギ花粉アレルゲン97%を不活性化。
Honda社内実車テスト値。

ゆったり快適

5人ゆったり乗れる広さや、開放感をもたらす心地よく使える室内。

ゆとりの快適リアシート

ゆったり快適についてもっと詳しく見る

■小物類は撮影のために用意したものです。
■安全のため走行の際には荷物をしっかりと固定してください。また、リアシートを折りたたんだ状態の荷室に、人を乗せて走行しないでください。
■走行中はビルトインテーブルを使用しないでください。
■安全のため、リア左席や中央席に人が乗っている場合は、助手席を倒した状態で走行しないでください。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「装備一覧」をご覧ください。