燃料電池電気自動車とは 動力作動イメージ 燃料電池の仕組み

燃料電池に水素と酸素を取り込んで化学反応を起し電気を発生。その電気でモーターを回して走ります。
二酸化炭素などの排出ガスはゼロ。出すのは水だけという、究極のクリーン性能を実現します。
小さな発電所ともいえる燃料電池で自ら電気をつくるので、充電の必要もありません。
タンクへの水素の充填は短時間。しかも一回の充填で、ガソリン車同等の距離を走ることができます。
さらに燃料電池電気自動車はエネルギーのロスが少なく、燃費性能にもすぐれています。

※掲載のFCXクラリティの写真は、アメリカ仕様です。

FCXの歩み Hondaの環境への取り組み