検索

モータースポーツ > F1 > F1 2016 バルセロナテスト 2日目レポート

F1

フェルナンド・アロンソ

F1 2016 バルセロナテスト 2日目レポート

2016年2月23日(火)  ドライバー:フェルナンド・アロンソ
会場:カタルニア・サーキット(スペイン・バルセロナ)  全長:4.655km
周回数・走行距離:119周・554km  ベストラップタイム:1分26秒082

2日目を迎えたF1バルセロナテスト、この日はフェルナンド・アロンソが「McLaren-Honda MP4-31」での初走行に臨みました。

前日のジェンソン・バトンに引き続き、データ収集やシステムと電装系の確認、エンジンモードの評価を実施。さらには、空力パッケージのテストに向けて、オフシーズンの開発期間で得たデータとコース上における実際の挙動を整合させる作業も行いました。

アロンソは、MP4-31の評価と調整に集中して取り組み、できるだけ多くの周回数を目指して走行。予定していたプログラムを順調に消化し、トラブルなしで119周を走りきりました。

3日目は再びジェンソン・バトンがテストを担当し、さらにプログラムを進める予定です。

コメント

フェルナンド・アロンソ
「長い休みを終えて、コースに戻ってくるのはいいものです。昨年とは違い、今日は十分な周回数を走れたのもよかったです。

このシーズンオフ、チームにとっての最優先事項は、昨年起こった問題を精査して、その解決策を見いだすことでした。少なくとも信頼性の面では、それが達成できています。チームの皆が仕事を成し遂げてくれたことを誇りに思います。今日は楽しんで走行できましたが、マシンはまだ向上させていかなければなりません。

今日は走行のほとんどを、空力と信頼性の評価に費やしました。こうした作業はあまりエキサイティングとは言えないので、今後セットアップを煮詰めたり、燃料量を減らしたりして、ドライビングを楽しめるようにしていくのを心待ちにしています。

空力面では、新しいパーツが多くあるので、その調整には少し時間がかかると思います。パワーユニットに関しても同様です。我々は、昨年多くのことを学び、新車に新たな考え方を持ち込んでいるので、それを理解してポテンシャルを引き出すにはまだ時間がかかると思います」

マット・モリス|McLaren-Honda Director of Engineering
「昨日に続き、信頼性の面では、いい一日だったと思います。深刻な問題が起きることなく2日間を終えられたのは、とてもいいことです。

午前中は、マシンにたくさんの計測機器を付けて、空力特性の確認に時間を費やしました。これは時間のかかる作業でしたが、シャシーは期待通りの動きを見せていることが確認できたので、ここからはマシンのポテンシャルを引き出す方向にシフトしていきます。

午後は、昨日ジェンソンが進めてくれたコントロールシステムやシャシー特性の確認を引き続き行いながら、ベースセットアップの作業も進めました。また、パワーユニットの性能確認と調整を行うために、複数のエンジンモードを試すこともでき、これがとてもスムーズに進んだので、有用なデータを多く得られました。固めのタイヤコンパウンドで走行したので、ラップタイムについてはあまり重視していません。

今日は予定していたプログラムをすべて完了できた上、少しほかのことも試せました。存分に走り込むことができて、非常に充実した一日だったと思います」

中村聡|Honda R&D チーフエンジニア
「パワーユニットの向上具合を把握し、デプロイメントやエネルギーマネジメントシステムの性能評価をするために、安定したペースで多くの周回数を走行することが今日の目標でした。

チーム全員のハードワークに加え、フェルナンドが集中して走り込んでくれたおかげで119周を走行でき、予定していたプログラムを早々に完了して大量のフィードバックを得ることができました。今夜と明日でさらに向上するためのデータがたくさんあることに満足しています」

フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソ