検索
モータースポーツ > ダカールラリー > Dakar Rally 2016 ステージ13
2016.01.16  Dakar Rally 2016 ステージ13  アルゼンチンビージャ・カルロス・パス 〜 アルゼンチンロサリオ

2週間の長丁場、ダカールラリーが終了。Honda勢トップは総合4位のケビン・ベナバイズ

リエゾン(移動区間):518km  スペシャルステージ(競技区間):180km  総移動距離:698km

1月2日、アルゼンチンの美しい都市、ブエノスアイレスをスタートした第38回ダカールラリーは、現地時間1月16日にアルゼンチンの都市ロサリオでフィニッシュを迎えました。総走行距離9500kmの道のりに挑んだ136名のライダーのうち、84名が厳しいルートを乗り越えて完走。Team HRCのリッキー・ブラベック、パオロ・セッシ、Honda South America Rally Teamのケビン・ベナバイズ、アドリアン・メッジも2週間を戦い抜き、チームと共に完走を祝いました。

ケビン・ベナバイズケビン・ベナバイズ

ケビン・ベナバイズケビン・ベナバイズ

中本修平中本修平

最終日、ビージャ・カルロス・パス〜ロサリオ間で行われたステージ13は、698kmを移動するものでした。そのうち、180kmのスペシャルステージ(競技区間)は、例年どおり下位からスタートするリバースグリッド方式となりました。ラリーを戦い抜いたビクトリーランという趣向でもあり、沿道のファンに挨拶をしながら走る参加者も多く、お祭りムードとなりました。

しかし、前日のステージ12の結果、総合4位のベナバイズは、総合5位のヤマハのエルダー・ロドリゲス(ポルトガル)とタイム差わずか1秒で最終日を迎えていました。

全84台がスタートをしたこのステージで、ロドリゲスが80番手、ベナバイズは81番手からスタート。この日、上位5名にはスタート間隔として3分間が与えられるものの、すでに80台の前走者がスタートした後の難しい状況の中、2人は見応えあるバトルを繰り広げました。

地元でも才能を高く評価されているダカールのフレッシュマン、ベナバイズと、ダカール経験豊富なロドリゲス。ステージの途中にあるウエイポイント1(※ルート上にある通過点。GPSで管理される)の段階で、ベナバイズが38分56秒、ロドリゲスが38分58秒と、2秒差でベナバイズが先行しました。続くウエイポイント2ではロドリゲスが1時間14分49秒に対しベナバイズは1時間14分52秒で、今度はロドリゲスが3秒のリードという一歩も譲らない激しい展開となりました。後半、ハイペースを維持し続けたベナバイズは、この180kmのステージでライバルに56秒の差を付け、総合4位を確定させたのです。

リッキー・ブラベックリッキー・ブラベック

アドリアン・メッジアドリアン・メッジ

パオロ・セッシパオロ・セッシ

今大会には、Team HRC、Honda South America Rally Teamの2チームから9台のCRF450 RALLYがエントリーし、4台が完走を果たしました。そのうちセッシを除く3名はダカールラリーへの初挑戦であることなど、若手ライダーの活躍が目立つラリーでした。プライベート参加のHondaユーザー、マイケル・フェルカーデ(オランダ)は総合40位、ロブ・スミッツ(オランダ)が総合58位、ペドロ・ビアンキ・プラタ(ポルトガル)が69位でこの難しいラリーを完走しました。

※レポートは暫定結果に基づくものです。

ケビン・ベナバイズ (ステージ13 2位/総合4位)
「ダカールはとてもハードで難しいレースでした。しかし、このレースから、私は多くのことを学びました。とにかく私はロサリオに着きました。それは夢でした。ステージ優勝もできましたし、ダカールに出場したルーキーの中ではトップの成績です。いくつかのミスはしましたが、私は多くのことを学びました。そしてそれは、来年、もっとよくなるためのものだと信じています」

リッキー・ブラベック (ステージ13 8位/総合9位)
「初めてのダカールラリーを完走できて、とてもうれしいです。またここに帰ってきたいと思います。私は、このチームと一緒にいることができてうれしいです。これまで3回のラリーに出場しましたが、私にとって今回は大きな成果を得ました。初めてのダカールでトップ10に入ることができ、またチームのライダーの中でも唯一トップ10内でフィニッシュできました。来年もここに帰ってこられるなら、もっといい成績を狙いたいです。2015年6月、私は首を骨折し、6カ月間治療に専念しました。ドクターに言われました。『レースにカムバックしたいなら特別な食事をし、もっとカルシウムとビタミンを摂りなさい』と。世界最大のレースで目標を達成でき、入賞のメダルを獲得できて幸せです」

本田太一|プロジェクトリーダー
「2016年のダカールラリーが終わりました。勝利を目指してしっかりと準備を進めてきましたが、最終的にそれはかないませんでした。しかし、初参戦の若手ライダー、ケビン・ベナバイズ選手が4位、リッキー・ブラベック選手が8位、アドリアン・メッジ選手が11位で完走したことはよかったと思っています。マシントラブル等でホアン・バレダ選手、パウロ・ゴンサルヴェス選手を失い、また彼らが理想的な形でラリーができなかった点など、真摯に受け止めて、2017年でこのラリーに勝つための準備を進め、ここに戻ってきたいと考えています。今後とも応援をよろしくお願いします」

Dakar Rally 2016 Stage 13 コメント

※コメントは暫定結果に基づくものです。

ステージ13 リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
14P.クインタニラハスクバーナ01:51'27--
247ケビン・ベナバイズHonda01:53'0800:01'41-
37H.ロドリゲスヤマハ01:54'0400:02'37-
43T.プライスKTM01:55'4900:04'22-
55S.ソヴィッツコKTM01:57'5100:06'24-
623G.ファレスKTM02:02'1900:10'52-
848リッキー・ブラベックHonda02:04'1000:12'43-
1361アドリアン・メッジHonda02:06'3600:15'09-
42123マイケル・フェルカーデHonda02:20'5600:29'29-
4432パオロ・セッシHonda02:21'2400:29'57-
4970ペドロ・ビアンキ・プラタHonda02:25'1600:33'49-
75137ロブ・スミッツHonda02:44'1600:52'49-

総合順位
総合順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
-13T.プライスKTM48:09'15--
-25S.ソヴィッツコKTM48:48'5600:39'4100:01'00
-34P.クインタニラハスクバーナ48:58'0300:48'48-
-447ケビン・ベナバイズHonda49:04'0200:54'47-
-57H.ロドリゲスヤマハ49:04'5900:55'4400:05'00
642A.ファン・ベヴェレンヤマハ49:55'4401:46'29-
 
-948リッキー・ブラベックHonda50:20'4202:11'27-
-1161アドリアン・メッジHonda51:59'2003:50'05-
-3232パオロ・セッシHonda57:38'1509:29'0000:03'00
-40123マイケル・フェルカーデHonda60:20'1912:11'04-
-58137ロブ・スミッツHonda66:45'4118:36'2600:40'00
6970ペドロ・ビアンキ・プラタHonda70:37'5022:28'3500:29'00

※ リザルトは暫定結果に基づくものです

ケビン・ベナバイズ

ケビン・ベナバイズ

中本修平

リッキー・ブラベック

アドリアン・メッジ

パオロ・セッシ

Dakar Rally 2016 Stage13

Dakar Rally 2016 Stage13 コメント

J SPORTS×Honda Dakar Rally 2016 Day14