室内空間

大人5人がゆったりと過ごせる室内。

Honda独創のパッケージング技術により生まれた5人がゆったりと乗れる居住空間は、広さだけではなく静粛性も追求。遮音機能付きのガラスや防音・吸音材の効果的な配置などと合わせて、燃料電池自動車ならではの優れた静粛性を実現しています。

室内写真

ホスピタリティに
あふれた後席。

エアコンの風を後席へ届けるリアベンチレーションやアクセサリーソケット、シートバックに設置したスマートフォン用のポケットなど、広々とした後席には、空間をいっそう快適にするための装備が充実。さらに、前席シートのショルダー部分をスリムな形状にすることで、後席への圧迫感を低減するとともに、ナビ画面も見やすくなるよう配慮しています。

後席写真

パッケージング技術

メカニズムの最小化が、
人のための空間を最大化する。

燃料電池パワートレイン バッテリー 水素タンク

燃料電池パワートレイン バッテリー 水素タンク

Photo : ボディカラーはホワイトオーキッド・パール 機能説明のためのカットボディによる合成写真

世界初※1、燃料電池パワートレインを
セダンのボンネット内へ。

従来の燃料電池自動車では、床下に配置されていた燃料電池スタックや周辺のシステムを小型化。ボンネット内に駆動モーターユニットとともに集約することにより、大人5人が乗れる広々とした居住空間を実現しています。

[燃料電池パワートレイン]

ボンネット内写真

快適性

トータルエアクオリティマネージメント※2

外気中の排気ガスなどを検知して自動的に内気循環に切り替えるエアクオリティセンサーをはじめ、アレルゲンの活動を抑制するアレルフリー高性能脱臭フィルターや、空気浄化や脱臭などの効果を発揮するプラズマクラスター技術搭載エアコンを装備しています。また、減菌や防臭の効果があるアレルキャッチャー®加工やトリプルフレッシュ®加工の素材をフロアマットやバッテリー冷却風排出口付近などに採用。さまざまな技術の組み合わせにより、車内の空気を清浄に保ちます。

トータルエアクオリティマネージメント

トータルエアクオリティマネージメント

※1 セダンタイプの市販予定車として。2016年2月現在、Honda調べ。

※2 車内の状況や個人差により効果の程度が異なる場合があります。

■インテリアの写真はすべてカットボディによる撮影。

■画面はハメコミ合成。

■イラストは機能説明のための作動イメージ。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。