安心とともにある走りの愉しさ・操る喜びを。

世界基準を目指したパフォーマンス。

コーナーでは左右の後輪の力を巧みに操り、感動と安心のハンドリングを。

2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ高トルクで圧倒的な加速感。

走りと環境性能の高次元での両立を追求し、ターボでパワーを補う分、排気量を小さくしたダウンサイジングターボエンジン。燃焼効率の高い直噴システムに加え、高効率な過給を実現する吸排気デュアルVTCや電動ウェイストゲート付ターボチャージャーを採用。低回転から幅広い領域で2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ高トルクと、高回転まで伸びやかなパワーフィールを獲得しました。

1.5L 直噴VTEC TURBOエンジン

1.5L 直噴VTEC TURBOエンジン

最高出力

127kW[173PS]/5,500rpm

最大トルク

220N・m[22.4kgf・m]/1,700-5,500rpm

力強い加速と静粛性。

パドルシフトも採用。

アクセル操作に対してリニアな加速Gを生むHonda独自の変速制御「G-Design Shift」によって、ターボラグを感じさせないパワフルな加速フィールを実現し、優れた静粛性も実現。マニュアル感覚のシフトチェンジが愉しめるパドルシフトも備えています。

CVT

CVT

俊敏かつ上質な乗り味を実現する新世代シャシー 。

アウトバーンでの高速走行でも高い安心感が得られ、速度域を問わず愉しめるハンドリングを目指したシャシー性能。

高い接地点横剛性により、ジオメトリー変化の少ないリニアなハンドリングを生むフロントサスペンションや、操縦安定性に優れるマルチリンク式リアサスペンション、スポーティーで安心感のあるステアフィールを生むデュアルピニオンアシストEPSなどを採用。ハンドリングと安定性を高次元で両立しました。さらに、液封コンプライアンスブッシュの採用などにより、上質な乗り心地も実現。また、エンジンをより低く、より後方に搭載し、低重心・低慣性も追求しています。

世界基準を目指したプラットフォームの要、新開発骨格。

Cセグメントトップレベルの運動性能、走りを予感させるプロポーション、快適な空間や安全性。すべてを高次元で実現するために新開発した骨格。TYPE Rにまで対応できる剛性を求め、CAE解析を駆使し、ハイテン材の効果的な配置や結合構造の最適化などを徹底し、高剛性化と軽量化、低重心化・低慣性化を追求。デザイン部門とも協調することで、先進・洗練のフォルムと優れた空力性能も両立。高い剛性は振動を効果的に抑制し、重い制振材を必要とせずに優れた静粛性も実現しました。

消音機能を持つアルミホイールなどで高い静粛性を実現 。

リムの周囲に中空構造のレゾネーター(消音装置)を持ち、道路の継ぎ目や粗い路面を走行する際などにタイヤの内部で発生する不快な共鳴音を抑制。高剛性の骨格などとあわせ、高い静粛性を実現します。

16インチ ノイズリデューシングアルミホイール

電子制御パーキングブレーキ

ブレーキを制御して、

旋回を支援。

コーナリング時、ブレーキを緻密に制御し、ステアリングを切り始めた際の回頭性や旋回中のライントレース性を向上させる旋回支援システムです。

アジャイルハンドリングアシスト

アジャイルハンドリングアシスト

※ Hondaの2.4L自然吸気エンジンとの比較。

■掲載のイラストには、機能説明のための作動イメージが含まれます。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。