検索

走行性能

フレーム

さまざまなシーンで
気持ちよく走りを楽しめるシャシー。

フレームは、軽さと強靭さを併せ持つ鋼管ダイヤモンドタイプ。安定感のある走りを実現する一方、鋼管の適度にしなる特性は、路面変化をレスポンス良くライダーに伝え、ハンドル操作に軽快感をもたらす。

フレーム(イメージCG)

サスペンション

乗り心地も、路面追従性も妥協なく。

フロントはフレームとの剛性バランスを最適化したインナーチューブ径φ41mmのテレスコピックタイプ。プリロード調整機構を採用し、ブルーアルマイト処理を施したフォークキャップを装備している。リアはプリロード調整機構を備えたHonda独創のプロリンクを採用し、脚まわりの軽量化とマス集中化に寄与している。

サスペンション(イメージCG)

ブレーキ

心昂る走りに安心感を。

ブレーキは、フロントにφ320mm、リアはφ240mmのウェーブディスクを採用。さらに、ブレーキのかけ過ぎや急な路面変化によるタイヤのロックを回避し、車体コントロール性と制動性能の維持をサポートするABS(アンチロック・ブレーキ・システム)も標準装備している。

※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

エアマネジメント

風の中を、軽快に駆け抜ける。

より軽快かつ快適なライディングのために、ウインドスクリーンとミドルカウルにはダクトを設定。フロントフェイス前側の風圧を下げつつ、車体のリフトを抑制することで軽快感のあるハンドリングに寄与するとともに、走行中の整流効果を追求している。

エアマネジメント イメージ図

  • 写真の一部は海外仕様車(CBR500R)で、一部合成によるものです。
  • 写真は海外での走行を撮影したものです。