検索

デザイン

Photo: CBR1000RR SP

タイト&コンパクトなスタイリング。

基本シルエットは、必要最小限のカウル面積による車体前後を貫くラインと、前傾ライディングポジションを鮮明に印象づける強いウエッジシェイプから構成。これにより、車体各部のパーツとの調和を生み、より軽く、より高いパフォーマンスを備えたマシンとしてのスタイリングを生み出している。

Photo: CBR1000RR SP

高いパフォーマンスを存分に扱うための居住性。

フューエルタンク形状の見直しにより、ニーグリップ部の幅を従来に比べ左右で30mmスリム化し、荷重コントロールの自由度を追求。また、ミドルカウル側面のラジエーター排風口を上下に分けることで、排風をライダーの足の外側と足下を通し快適性にもこだわった(特許出願中)。さらにアッパーカウルとミドルカウル上部で構成される左右の開口部により、前面投影面積の最小化を図りながら防風機能と良好な操縦フィーリングを両立。高いパフォーマンスをより操りやすくする居住性を獲得している。

Photo: CBR1000RR SP

走り込むことで突き詰めたカウルデザイン。

各カウル面をタイトに内側に追い込むことでコンパクト化を図り、マスの集中化に寄与。 また、アッパーカウルの最大幅を従来に比べ左右で24mm、ミドルカウルを18mmスリム化。さらに、アッパーカウルの面形状やヘッドライトの面傾斜、アッパーカウルとミドルカウル上部で構成される左右の開口部のサイズや各カウル端末部形状などは、実走によるチューニングを徹底。これらにより、軽量コンパクト化に加え、ヨー慣性モーメントの低減を図り、旋回初期の倒しこみや車体を左右に切り返す際の軽快感を追求している。

Photo: CBR1000RR SP

すべてのテクノロジーは、
ライダーの歓びのために。
CBR1000RR SP

Photo: CBR1000RR SP
Photo: CBR1000RR SP
Photo: CBR1000RR SP
Photo: CBR1000RR SP
Photo: CBR1000RR SP
Photo: CBR1000RR SP

ライダーにとってスーパースポーツは
どうあるべきかを追求した。
CBR1000RR

Photo: CBR1000RR ※写真のナンバープレートは撮影のため用意したものです。
Photo: CBR1000RR
Photo: CBR1000RR ※撮影のため一部の部品を取り外しています。
Photo: CBR1000RR
Photo: CBR1000RR ※写真のナンバープレートは撮影のため用意したものです。
Photo: CBR1000RR
  • 写真は海外仕様車です。※一部の走行写真は海外で撮影したものです。※写真は一部合成によるものです。※一部の写真はクローズドコースで撮影したものです。※走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。