モータースポーツ > アジアロードレース選手権

アジアロードレース選手権

  • loading
最新情報
アジアロードレース選手権とは

アジアロードレース選手権

アジア地域を転戦するロードレース選手権で、アジアの二輪車市場拡大にともなって大いに盛り上がりを見せているシリーズです。最上位クラスに位置する「スーパースポーツ600cc」は「CBR600RR」などの市販車ベースの車両で競われ、2015年は高橋裕紀選手が参戦し、シリーズチャンピオンに。見事、全日本とのダブルタイトルを獲得しました。また、日本を含むアジア大洋州地域からライダーを選抜し、将来のグランプリライダーを輩出するための育成プログラム「アジア・ドリーム・カップ」が、12年からシリーズに導入され、MotoGPへの登竜門であるCEVなど、世界へつながる舞台への道が開かれています。