検索

Round11アメリカセントルイス

2018.03.17(土)・決勝

会場:Dome of America's Center

好調をキープするブレイトンが4位入賞を果たす

Monster Energy AMA Supercross/FIM世界選手権第11戦が、セントルイスで行われました。温暖な気候のフロリダから内陸へ北上したTeam Honda HRCを待ち受けていたのは、冬に逆戻りしたような寒さでしたが、会場のザ・ドーム・アット・アメリカズ・センターは、隣接するコンベンションホールをパドックとして用いる屋内競技場なので、天候が問題になることはありませんでした。

7万人のキャパシティを誇る巨大なドーム内では、正午過ぎからプラクティスが始まりました。これまでのセントルイスでは、クイックな切り返しが多用される傾向がありましたが、今年はスタートから1コーナーまでを含めて直線を長く設けたレイアウトが採用され、ハイスピードなコースになりました。計時予選では、ジャスティン・ブレイトン(Smartop MotoConcepts Honda)が46秒890で2番手、クリスチャン・クレイグ(GEICO Honda)は48秒005で10番手につけました。

先週、デイトナでキャリア初優勝を果たしたブレイトンは、予選ヒート1をトップで通過し、好調ぶりをアピール。同じ組に出走したクレイグは、4位でメインレース進出を果たしました。

今大会でユニークだった要素の一つとして、スタートライン中央に設置された立体交差ブリッジが挙げられます。後方から飛び越すかたちになるのですが、スタート位置が左右に分断されるため、グリッド選びに悩むライダーもいたようです。

20分+1周のメインレースでは、イーライ・トーマック(カワサキ)、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、マービン・ムスキャン(KTM)らが先行。クレイグはスタートで少々バランスを崩し、1コーナーで9番手と出遅れてしまいましたが、コントロールラインでは6番手までポジションをアップ。ブレイトンは7番手から追撃を開始しました。

4周目にはブレイトンが4番手まで浮上し、ポディウム登壇を狙いましたが、27周目にチェッカーが振られるまでポジションに変動はなく、4位でフィニッシュしました。クレイグは9位でレースを終えました。この結果、ブレイトンは、依然としてポイントランキング3位を維持しています。

コメント

クリスチャン・クレイグ(9位)
クリスチャン・クレイグ 「今日の始まり方は悪くなかったのに、コースになじめずにもがいてばかりでした。一日中すっきりしなかったので、気持ちをリセットして臨んだヒートレースで4位に入れたことはよかったと思います。メインレースに対してはとにかく楽しもうと心がけたのですが、なかなかリズムをつかめず、乗れないままでした。振り返ってみると、今日はちょっと調子が悪かったですね。先々週からの2戦がとてもよかっただけに、残念でなりません。あの流れをもう少しキープしたかったんですが、9位は好成績とは言えません。決して悪くはないという考え方もあるので、今回の経験を活かしながら、来週から巻き返したいと思っています」

エリック・キーホー|Team Honda HRC監督
「クリスチャンにとって、今日は教訓となる日でした。マシンを乗り換えて間もない彼には、まだまだ450SXクラスでの戦い方やマシンについて学ぶことが多々あるので、今日のレースで得たものを持ち帰って糧とするでしょうし、我々としても今回のデータを来週に活かします。それにしても、彼はよくやったと思います。今回のコースは難しくて、なかなか波に乗れなかっただけです。このクラスでトップ10に入るだけでも至難の業ですし、ケガやトラブルなしで終われたことが一番大事だと思います」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
13E.トーマックカワサキ21'09.479
221J.アンダーソンハスクバーナ+20.721
325M.ムスキャンKTM+24.823
410ジャスティン・ブレイトンHonda+32.795
534W.パイクスズキ+38.875
64B.バゲットKTM+40.530
 
932クリスチャン・クレイグHonda+1Lap
1255ビンス・フリージーHonda+1Lap
17907ベン・ラメイHonda+2Laps
18722アダム・エンティクナップHonda+2Laps

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
121J.アンダーソンハスクバーナ246
225M.ムスキャンKTM204
310ジャスティン・ブレイトンHonda189
43E.トーマックカワサキ186
54B.バゲットKTM181
634W.パイクスズキ171
914コール・シーリーHonda124
1294ケン・ロクスンHonda102
1455ビンス・フリージーHonda98
2032クリスチャン・クレイグHonda51
21907ベン・ラメイHonda51
236ジェレミー・マーティンHonda36
27722アダム・エンティクナップHonda17
3512ジェイコブ・ワイマーHonda5
38981オースティン・ポリテッリHonda4
41805カーレン・ガードナーHonda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2018 第11戦 セントルイス 決勝

ニュース