検索

Round09アメリカアトランタ

2018.03.03(土)・決勝

会場:Mercedes-Benz Stadium

ブレイトンが総合4位(1位/6位/6位)につける

Monster Energy AMA Supercross/FIM世界選手権第9戦が、アトランタで行われました。今大会には、第3戦アナハイム2に続いて決勝3レース制が導入されましたが、前回より時間が長くなり、450SXクラスはメインレース#1(10分+1周)、メインレース#2(12分+1周)、メインレース#3(15分+1周)と改正されました。シリーズポイントは、これらの順位を総合した決勝リザルトに対して付与されます。

会場のメルセデスベンツ・スタジアムは、老朽化によって取り壊されたジョージア・ドーム(1992年~2017年)の隣りに、昨年オープンしたばかりの多目的競技場です。アトランタラウンドは2012年にスーパークロスの最多観客動員(71,009人)を記録していますが、重要な拠点にふさわしい新スタジアムへの移転により、会場には例年を上回る高揚感が満ちていました。

Team Honda HRCは、ケン・ロクスンに続くコール・シーリーの負傷欠場を受け、クリスチャン・クレイグ(GEICO Honda)を代役として緊急招集しました。クレイグは今シーズン、250SX西部シリーズに参戦中なので、CRF450Rによるスポット出場は、当面今大会とデイトナでの翌戦に限定されたものになる予定です。

レース#1では、注目のクレイグが絶妙なスタートダッシュを決めて、ホールショットを獲得しました。その直後にはジャスティン・ブレイトン(SmarTop MotoConcepts Honda)が控え、CRF450Rによる1-2走行が展開されます。8周目にはブレイトンがトップに浮上し、僅差のまま逃げきりフィニッシュしました。一方クレイグは、テールトゥノーズで迫る数台の上位集団に飲み込まれ、6位でチェッカーを受けました。

レース#2では、スタートで他車に先行を許したため、ブレイトンは6位、クレイグは7位でフィニッシュ。両者は総合優勝をかけ、最終レースに臨むことになりました。

レース#3では、クレイグがブレイク・バゲット(KTM)と並んでホールショットを決め、早々とリーダーになりました。5周目からはマービン・ムスキャン(KTM)が先行し、クレイグは徐々にポジションを下げました。最終的に18周でチェッカーが振られ、クレイグは5位、ブレイトンは6位でゴールしました。

決勝3レースを総合したオーバーオールでは、ブレイトンが4位(1位/6位/6位)で19ポイント、クレイグは5位(6位/7位/5位)で18ポイントを獲得しました。

コメント

クリスチャン・クレイグ(6位/7位/5位 総合5位)
クリスチャン・クレイグ 「誰かが負傷するところを見るのは、本当に辛いものです。それが自分の親友だったらなおさらです。コールは僕にとって兄弟のようであり、尊敬している人物でもあるので、今回のケガについてはとても残念に思っています。コールとはTLD Hondaでチームメートだった頃からの付き合いで、練習やトレーニングは一緒だったし、1週間のうちのほとんどの時間、行動を共にする間柄でした。だから今回はウエアメーカーのエイリアスに特注して、モトクロスパンツのヒップに『#14』というパッチを入れてもらったんです。カッコいいでしょう。コールを元気付けるプランはこれ以外にもあって、この後フロリダにある彼のセカンドハウスに押しかけて、しばらく滞在することになっているんです。今回はコールの代役として巡ってきた機会ですが、昨年450SXに出場したときよりもいい成績を残したいと思っていました。450に乗ったのは今週2日ほどでしたが、あまり先入観を持たずに取り組みました。特に高望みをしないかわりに、自分を信じて挑むしかない。その気持ちは、終日好調だった走りに表れていたと思います。予選ではまずまずのタイムを出せたし、夜の決勝レースにも自信を持って臨むことができました。メンタル面を磨いてきたので、その成果を見せるときが来たのです。トリプルクラウンという決勝3レース制は、アナハイム2の250SXでポディアムに立ったこともあったし、自分に向いているようなので気に入っています。レース#1とレース#3では、何周もリーダーとして先頭を走りました。450SXのトップライダーたちの前を走るなんて、予習できるようなものではないし、本番で体験しながら学ぶしかありません。今夜学んだことを積み上げて、来週のデイトナに前向きに臨みたい。今回の5位は450SXでの自己ベストなので、うれしいことは確かですが、その半面もっと上位を狙いたいと思っています」

エリック・キーホー|Team Honda HRC監督
「クリスチャンがとても才能あるライダーだということは周知の事実ですが、今夜のパフォーマンスは全員の期待を上回るものでした。突然の招集に応じてマシンを乗り換え、2日ほど450をテストしただけでこの活躍ですから大したものです。ホールショットを2度ゲットして、その2レースではずっとトップを走りました。デイトナではもっと好成績を挙げるため、この後もマシンセッティングを詰めていきます」

450SX リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン タイム/差
110ジャスティン・ブレイトンHonda11'30.287
221J.アンダーソンハスクバーナ+01.569
34B.バゲットKTM+02.531
425M.ムスキャンKTM+03.877
53E.トーマックカワサキ+08.156
632クリスチャン・クレイグHonda+11.613
1755ビンス・フリージーHonda+1Lap
21907ベン・ラメイHonda+2Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン タイム/差
121J.アンダーソンハスクバーナ13'17.390
22C.ウェブヤマハ+00.401
33E.トーマックカワサキ+03.822
44B.バゲットKTM+09.495
525M.ムスキャンKTM+17.727
610ジャスティン・ブレイトンHonda+23.104
732クリスチャン・クレイグHonda+27.200
20907ベン・ラメイHonda+2Laps
2255ビンス・フリージーHondaDNS

レース3

順位 No. ライダー マシン タイム/差
125M.ムスキャンKTM15'57.599
23E.トーマックカワサキ+03.048
32C.ウェブヤマハ+17.292
421J.アンダーソンハスクバーナ+21.734
532クリスチャン・クレイグHonda+22.769
610ジャスティン・ブレイトンHonda+24.309
17907ベン・ラメイHonda+2Laps
2255ビンス・フリージーHondaDNS

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
121J.アンダーソンハスクバーナ207
225M.ムスキャンKTM165
34B.バゲットKTM150
410ジャスティン・ブレイトンHonda144
53E.トーマックカワサキ137
634W.パイクスズキ136
814コール・シーリーHonda124
1194ケン・ロクスンHonda102
1555ビンス・フリージーHonda81
19907ベン・ラメイHonda42
216ジェレミー・マーティンHonda36
2532クリスチャン・クレイグHonda18
28722アダム・エンティクナップHonda12
3412ジェイコブ・ワイマーHonda5
36981オースティン・ポリテッリHonda4

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース