検索

ROUND 09

カナダトロント Rogers Centre 2017.03.04(土)・決勝

第9戦 トロント

セカンドグループの混戦に耐えたシーリーが6位でフィニッシュ

カナダ・トロントにおける今大会は、MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSシリーズの中で、唯一アメリカ国外で行われるラウンドです。2004年に初開催されたときは、トロントとバンクーバーにはAMAのタイトルが掛けられていませんでしたが、08年より全戦が統一されAMAスーパークロス世界選手権(FIM世界選手権シリーズの一つ)となり、今日に至っています。

トロントは国境を隔てたバッファローや、大都市のデトロイトからもファンが訪れる重要なラウンドです。ロジャース・センター(旧称:スカイドーム)は、スーパークロスが行われる会場の中ではフロア面積が広い方で、観客席とのスペースに余裕を持たせながらも、ラップタイムが1分ほどの長めのコース設定になりました。

この大会でコール・シーリー(Team Honda HRC)は、ヒートレースで転倒したため7番手にとどまり、セミファイナル3番手を経てメインレースに進出しましたが、グリッドがアウト寄りの不利なポジションになったため、最高のスタートを切ることができませんでした。1、2コーナーが左右に切り返す複合型だったこともあり、混戦をうまくすり抜けたシーリーでしたが、1周目7番手からのレースになりました。

シーリーの前には今大会好調のチャド・リード(ヤマハ)、後ろにはポイントリーダーのライアン・ダンジー(KTM)という激戦の中でプッシュしましたが、セカンドグループから抜け出すことができず、シーリーは6位でフィニッシュしました。ポイントランキングは4位を維持しています。

次週デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる、Daytona Supercross By Hondaには、ケン・ロクスンの空席を埋めるため、Team Honda HRCが用意したファクトリーマシン「CRF450R」を駆りジェレミー・マーティンがスポット出場します。14、15年AMAモトクロス250チャンピオンのタイトルを持つマーティンは、今季はGeico Hondaのエースとして250SXウエストに参戦していますが、現在はイーストシリーズの開催期間で待機中だったこともあり、450SXの補強メンバーとして抜てきされました。

同様の選手起用は過去にも例があり、当時250SXウエストにTroy Lee Designs Hondaから参戦していたシーリーが、イースト地区でファクトリーライド(Team Honda)を得て、450SXに臨時出場(11、12、14年)したことがあります。ベストリザルトは14年インディアナポリスでの3位でした。

デイトナに追加招集されることになったマーティンは、短時間のテストでCRF450Rに好印象を抱き、着々と参戦準備を進めています。シリーズの中で唯一Hondaがタイトルスポンサーとなっているデイトナは、スーパークロス発祥の聖地として特別な威厳を持つ大会。シーリーとマーティンには、揃ってのポディウム登壇が期待されます。

コメント

コール・シーリー(6位)
コール・シーリー「今夜の結果についてはハッピーではありませんが、とことんアンハッピーでもありません。うれしくないけれど、仕方がないという感じです。メインレースまでの道のりがセミファイナル経由だったため、ゲートピックの順番が不利になってしまい、思ったようなスタートを決めることができませんでした。1コーナーではたぶん10番手ぐらいだったはず。序盤は上手く乗れていたんですが、ミスもありました。2ヶ所あるフープスの短い方の出口で、ちょっと気が動転してバランスを崩し、次のコーナーでライアン・ダンジー(KTM)に突っ込んでしまったんです。転倒は免れましたが、そんなことがあってからは、堅実に無理のないペースで走るように心がけました。コースはあちこちで形が崩れて、とてもいやらしい荒れ方をしていました。終盤にブレイク・バゲット(KTM)が転倒した時、彼を抜いてポジションをもう1つ上げたかったんですが、時間が足りませんでした」

ダン・ベトリー | Team Honda HRC監督
「今回の成り行きには少々がっかりしていますが、結果的に6位というのはそれほど悪くありません。我々の課題はコールのスタートをもっと改善して、毎戦ポディウムに立てるように集中することです。彼は依然としてポイントランキング4位にいて、3位にも近づいています。シリーズはまだ後半戦が残っていますし、挽回できると考えています」

リッチ・シモンズ | コール・シーリー担当メカニック
「またしても厳しいレースになりました。コールは一日中悩んでいましたが、2本目のプラクティスでそこそこのタイムを出せたので、ヒートレースのゲートはいいところを選択できました。ところが今シーズンは、スタートの失敗が足を引っ張る傾向があるようで、そこが課題だと思っています。月曜日には1時間ぶっ通しでスタート練習をするつもりです。意地悪だと思われているかもしれませんが、スタート練習の後は私のことが今以上に嫌いになっているでしょう。過去のことは気にせず、シーズンの残りをポジティブに考えていきたいですね」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
13E.トーマックカワサキ21'42.314
21R.ダンジーKTM+14.264
320B.ティックルスズキ+16.111
422C.リードヤマハ+17.836
54B.バゲットKTM+28.445
614コール・シーリーHonda+34.075
718D.ミルサップスKTM+40.621
815D.ウィルソンハスクバーナ+47.861
951J.バーシアヤマハ+52.418
1010ジャスティン・ブレイトンHonda+55.036
1661ビンス・フリージーHonda+1Lap
17800マイク・アレッシHonda+1Lap
1811カイル・チゾムHonda+1Lap
22722アダム・エンティクナップHonda+3Laps

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11R.ダンジーKTM196
23E.トーマックカワサキ172
325M.ムスキャンKTM157
414コール・シーリーHonda153
521J.アンダーソンハスクバーナ123
618D.ミルサップスKTM112
722C.リードヤマハ101
84B.バゲットKTM99
915D.ウィルソンハスクバーナ97
1020B.ティックルスズキ96
1310ジャスティン・ブレイトンHonda67
1561ビンス・フリージーHonda55
1694ケン・ロクスンHonda51
19800マイク・アレッシHonda45
2880カデ・クラソンHonda6
29722アダム・エンティクナップHonda4
3111カイル・チゾムHonda3
3340フレデリック・ノレンHonda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

ニュース