検索

ROUND 08

アメリカアトランタ Georgia Dome 2017.02.25(土)・決勝

第8戦 アトランタ

シーリーが6位入賞でランキング4位をキープ

前週の第7戦ミネアポリスでは、MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSが、オープン間もないUSバンク・スタジアムで初めて開催されましたが、対照的に、今回のアトランタではジョージア・ドームでのラストレースが行われました。アトランタオリンピックの会場として建設されたこの屋内競技場は、それから四半世紀の間に老朽化が進み、来年からは隣地に新設されたスタジアムに開催場所が移るからです。

ジョージア・ドームには、スーパークロスの観客動員最多記録(7万1009人/2012年)があり、おととしは2週連続でレースが開催されるほどの盛況ぶりでした。最後の開催となった今年は、金曜日~月曜日までを「モトフェスト」と銘打った複合イベントとし、アリーナクロスやライディングスクールが併催されました。

アトランタは興行面のみならずシリーズにおける戦略的にも重要な大会で、ここでの成否がチャンピオン争いの行方を左右するとまで言われてきました。ちなみにHondaのレジェンドライダーの一人であるジェフ・スタントンは、1989年2月25日にアトランタ(フルトン・カウンティ・スタジアム)で手にした初勝利をきっかけにスターダムを駆け上がり、同年のチャンピオンシップを獲得しました。

そうした要所であるアトランタで、ポディウムへの復帰を目指したコール・シーリー(Team Honda HRC)ですが、メインレースでは1周目6番手からキャッチアップを開始。4周目には3番手に浮上し、前を走るライアン・ダンジー(KTM)、ブレイク・バゲット(KTM)を射程内に捉えました。

しかしレース中盤に差しかかると、イーライ・トーマック(カワサキ)らの先行を許してしまいます。コースについては路面が荒れに荒れ、土の下からコンクリートのフロアが露出している部分が出てきました。それもあってか、ペースが乱れたシーリーは、途中に喫した転倒の影響もあって、6位でチェッカーを受けました。シーリーは現在、ポイントランキング4位をキープしています。

コメント

コール・シーリー(6位)
コール・シーリー 「今日は全く思ったようになりませんでした。終日スピードがあったし、競り合って勝てそうな感触もあったので、6位という結果は理想から程遠いものです。ヒートレースでいいラインを見つけたので、メインレースにはとても自信がありました。スタートはまあまあでしたが、2コーナーでだれかに強烈なTボーンアタック(コーナリング中に相手の側面に向かって、Tの字にアタックすること)を受けたことが響きました。ハンドルかレバーが僕の上腕に食い込んで、ものすごく痛かったんです。最初の数ラップはアドレナリンのおかげなのか、痛みに耐えながら追い上げられましたが、その後はミスを何度かするようになって、6位まで後退してしまいました。だからとてもがっかりしています。コースは確かにあちこちで崩れていて、特に1コーナーとサンドセクションの手前の右コーナーでは、下のコンクリートまで土が掘れていました。どちらもレースで多用するラインでしたが、それにしてもどうして1コーナーであんなに土が少ないのか不可解でしたね。来週は原点に戻って、いろいろなことを見つめ直さないといけないと思います。マシンはとても快調なので、自分自身の問題です。スピードがあることは分かっているので、あとは落ち着いて力を発揮するだけです。まだシーズンは途中ですから、ばん回する時間はたっぷりあります」

ダン・ベトリー | Team Honda HRC監督
「我々にとってツキのない日でしたが、この6位が今季のワーストリザルトだと考えると、それほど悪くはありません。コールは予選のときから速さを示してくれたし、ヒートレースでも彼のラップタイムは変わらなかったので、そのペースをキープできると分かっていました。メインレースではもがき苦しんでいましたが、そんな状況に陥らないように、毎週どうやって取り組んだらいいのか考えないといけませんね」

リッチ・シモンズ | コール・シーリー担当メカニック
「正直に言いますが、今夜はコールも私もハッピーじゃありません。またスタートに失敗しましたが、こういう荒れたコースコンディションで競り合いも激しいレースでは、絶対にスタートを決めなければなりません。それがかなわなかったということは、序盤からハンディを背負うことになります。初めは乗れていましたが、ポジションを上げることに躍起になりすぎて疲れてしまったんじゃないでしょうか」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
11R.ダンジーKTM21'13.858
23E.トーマックカワサキ+01.509
34B.バゲットKTM+06.213
421J.アンダーソンハスクバーナ+12.216
525M.ムスキャンKTM+14.730
614コール・シーリーHonda+35.239
722C.リードヤマハ+37.528
810ジャスティン・ブレイトンHonda+43.043
933J.グラントカワサキ+45.638
1015D.ウィルソンハスクバーナ+46.527
12800マイク・アレッシHonda+54.066
1361ビンス・フリージーHonda+57.695

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11R.ダンジーKTM174
225M.ムスキャンKTM149
33E.トーマックカワサキ147
414コール・シーリーHonda138
521J.アンダーソンハスクバーナ121
618D.ミルサップスKTM98
715D.ウィルソンハスクバーナ84
822C.リードヤマハ83
94B.バゲットKTM83
1020B.ティックルスズキ76
1310ジャスティン・ブレイトンHonda56
1594ケン・ロクスンHonda51
1661ビンス・フリージーHonda50
18800マイク・アレッシHonda41
2880カデ・クラソンHonda6
30722アダム・エンティクナップHonda3
3140フレデリック・ノレンHonda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

ニュース