検索

ROUND 03

アメリカアナハイム 2 Angel Stadium 2017.01.21(土)・決勝

第3戦 アナハイム 2

シーリーが今季初ポディウムの3位入賞
ロクスンは惜しくも転倒リタイアを喫す

開幕から悪天候に見舞われてきた、MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSS。ウイークデイに雨が降り、レースが行われる土曜だけ晴れるパターンが続きましたが、第3戦アナハイム 2も同じような巡り合わせになりました。

コース整備に時間を割いたため、通常であれば正午にスタートするプラクティスは、午後2時からにスケジュールが変更され、走行時間も大幅にカットされました。

ビニールシートで守られていたコースは、乾燥剤を用いた整備の成果もあって、マディコンディションには至らなかったものの、ジャンプの谷間やボウルターンの低地などにはウエットな部分が残っていました。午後7時からのレース(ヒート、セミ、ラストチャンス)が進行すると、そのようなソフトな部分にはギャップができて、非常に難しい路面状況となりました。

20分+1周のメインレースでは、コール・シーリー(Team Honda HRC)がスタート4番手から3周目には2番手に浮上。一方、ケン・ロクスン(Team Honda HRC)は、1コーナーへの進入時の15番手から、5周目には3番手までポジションを上げ、2台のCRF450Rがトップのライアン・ダンジー(KTM)を追うかたちになりました。

しかし、シーリーとロクスンの間隔が徐々に詰まり、チームメート同士のバトルが激しくなってきた矢先、10周目の連続ジャンプでロクスンが転倒。アルパインスターズ救護班が駆けつけて処置を行う間、赤十字フラッグ提示区間では徐行が強いられました。

シーリーは12周目にマシンをストールさせましたが、この一瞬のすきにマービン・ムスキャン(KTM)が先行。レース終盤になるとダンジー、ムスキャン、シーリーの間隔がやや開き、このままのオーダーでチェッカーとなりました。3位に入ったシーリーは、今シーズン初となる表彰台、450SXクラスにおける自身10度目となるポディウムへの登壇を果たしました。

開幕当初はライディングに硬さがみられたシーリーですが、徐々に本来のリラックスした走りができるようになりました。今回のベストラップタイムは、ロクスンの56.259秒でしたが、シーリーもそれに次ぐ56.368秒を叩き出し、CRF450Rのスピードを披露していました。

なお、レース半ばで転倒リタイアとなったロクスンは、左前腕(とう骨)の複雑骨折およびヒジと手首の脱きゅうと診断されました。ロクスンは主治医による手術を受けるため、スタジアム近くの病院からコロラドに移動しました。しばらく戦列を離れることになり、カムバックのスケジュールについては、現時点では未定です。

コメント

コール・シーリー(3位)
コール・シーリー 「表彰台をゲットするのは、いつだってうれしいことです。残念なことにレースの途中でミスがあり、エンジンをストールさせたことで2番手のポジションは譲ってしまいましたが、それでも3位に入れました。本当は3位ではなく、もっとプッシュしてトップのライアン・ダンジーに狙いを定めたかったんですが、それでも今回の結果には満足しています。開幕からの2戦と比べると、すべてが上向きになってきています。これもチームスタッフによるサポートのおかげです」

ダン・ベトリー | Team Honda HRC監督
「今夜は異なる感情が入り交じった複雑な気持ちです。コールの走りはとてもすばらしかったし、彼の成績を誇りに思います。先週お話ししたように、コールは開幕からの2レースで本来の実力を発揮できていませんでした。今回、ようやく好スタートが決まり、スピードを出しきってポディウムに立てたので、まずは一安心です。ただ彼にはもっと期待しています。表彰台の常連になって、何勝かを挙げてもらいたいと思っています。彼にその実力があることは明らかですから。一方、ケン(ロクスン)のアクシデントについては、チーム全員が落胆しています。こういうこともモトクロスの一部ではあるものの、一瞬で状況が一変してしまうつらい側面です。あんなにひどいクラッシュだったわりに、ダメージがミニマムにとどまったことは不幸中の幸いでした。Honda関係者全員が彼の回復とカムバックを祈っています。どんなにつらいことがあっても、それを乗り越えることでもっと強くなれるものです。こんなことで足踏みしているわけにはいきません」

リッチ・シモンズ | コール・シーリー担当メカニック
「振り返ってみると、コールにとって非常にいい大会でした。ヒートレースでもメインレースでもスタートがうまく決まりました。それは、このところ毎戦のように課題として取り組んできたことでした。彼はとても乗れていたし、ライアン・ダンジーを少しずつ追い詰めてもいました。ただその後、リアブレーキを強く踏みすぎて、エンジンをストールさせてしまったのが残念です。それでも2番手から3番手に落ちただけで、ポディウムをゲットできたのでラッキーです。とても大きな成果でしたし、前進し続けていることに喜びを感じています」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
11R.ダンジーKTM21'14.021
225M.ムスキャンKTM+02.725
314コール・シーリーHonda+10.218
42C.ウェブヤマハ+13.807
532W.パイクスズキ+15.296
633J.グラントカワサキ+16.017
722C.リードヤマハ+17.950
83E.トーマックカワサキ+30.526
918D.ミルサップスKTM+31.825
104B.バゲットKTM+32.576
1310ジャスティン・ブレイトンHonda+54.490
1661ビンス・フリージーHonda+1Lap
21722アダム・エンティクナップHonda+2Laps
2294ケン・ロクスンHonda+13Laps

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11R.ダンジーKTM69
225M.ムスキャンKTM62
394ケン・ロクスンHonda51
414コール・シーリーHonda51
53E.トーマックカワサキ44
632W.パイクスズキ43
718D.ミルサップスKTM39
833J.グラントカワサキ37
921J.アンダーソンハスクバーナ36
102C.ウェブヤマハ36
1710ジャスティン・ブレイトンHonda18
1861ビンス・フリージーHonda15
2440フレデリック・ノレンHonda2
26722アダム・エンティクナップHonda1
2780カデ・クラソンHonda1
28800マイク・アレッシHonda1

ランキング詳細

フォトギャラリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー(#14)、ケン・ロクスン(#94)

コール・シーリー

ケン・ロクスン

ケン・ロクスン

Team Honda HRC

Team Honda HRC

ニュース