CIVIC SEDANのサイトはこちら

特別対談
テーラー × 純正用品デザイナー

「誂えの流儀」

テーラー ×純正用品デザイナー 特別対談「誂えの流儀」

「どんなに時代が変わっても、常に人間中心」。そのHondaの哲学は、カーアクセサリーの領域にも根付いているという。
「特別注文」という意味を持つ言葉【誂え】をキーワードに、奥深きアクセサリーデザインの道程を探るスペシャルトーク。
対峙したのは、NEW シビックのアクセサリーを開発したデザイナーと、独自のスタイルで1着ずつスーツを仕立てるビスポークカッター。
異なる職種のプロが、ものづくりの信念を語り合った。

古川 順一朗

古川 順一朗(Junichiro Kogawa) Junichiro Kogawa

株式会社ホンダアクセス 商品企画部 プロダクトデザインブロック

2008年にHonda入社。車両デザイナーとしてACURA ILXや
Honda VEZELの外観デザインを担当。現在はホンダアクセスにて、
NEW シビックシリーズ向けアクセサリーデザインのプロジェクトリーダーを務める。
「アクセサリーのデザインはオーダーメイドに近い」という信念の下、
日々ものづくりに取り組んでいる。

有田 一成

有田 一成 (Kazunari Arita)Kazunari Arita

ビスポーク「テーラー&カッター」代表

英国スーツの聖地として知られるサヴィル・ロウに本店を置く
英国王室御用達テーラー『ギーブス&ホークス』でパターンと裁断を、
帰国後に国内のテーラーで縫製を学び、たった一人でスーツを誂える技術を習得。
2004年に東京・南青山で『テーラー&カッター』を開店した。

Vol.3 人生を変える誂え

共感を与えられるデザイナーでなければ

有田 古川さんは、ご自身の進化や成長をどのように評価していますか?

古川 1つは、頭に浮かんだイメージを絵にする速さですね。子どもの頃は2ヶ月くらいかかっていたものでも、プロなら30分です。この仕事を始めた頃は1時間くらいかかっていましたが、50分、30分、と短縮されていきました。スケッチの瞬発力は、今も日々チェックしています。

有田 確かにスピードは重要ですね。テーラーでの修業時代、こんなことがありました。その工場では月に1度、ボタンホールの手縫い時間を競うレースがあったんです。ベテランの職人で7分。当時の僕は10分。しかし、そもそもそんなレースに意味があるのかと思っていました。早く美しく、なんて無理。絶対に仕上がりが悪くなるからと。ただ、内心では疑問を感じていながら、その競争に挑むことで腕が上がったので、今となってはレースを呼びかけた工場長に感謝しています。実を言えば、いつもトップだった工場長の仕上がりはあまりよくなかったんですけどね(笑)。

古川 おもしろいエピソードですね。そう、売れることはどう考えていますか。工業デザイナーとしては数に対するシビアさが求められるので、売上も評価軸の一つになっているのですが。

有田 売れるというのは、僕の考えを多くのお客さまが共感してくれた証しだととらえています。

古川 僕らにしても、決して安くないアクセサリーにお金を払ってもらうには、いかに共感を呼べるものを作れるかが最大の鍵になります。だから単純に売上と言っても、その数字の背景には共感があるべき。というか、共感を与えられるデザイナーでなければ、と思いますね。

人に対して唯一無二の価値を提供したい

有田 僕はもともと、スーツだけをやりたかったわけじゃないんです。

古川 そうなんですか?

有田 服飾専門学校に通っている頃からメンズをやりたかったのですが、それならスーツを知らなければならないだろうと。それでロンドンのサヴィル・ロウという地区にあった老舗で修業しました。その店で感動したのは、仕事自体はもちろんスタッフの佇まいや顧客との関係性のカッコよさでした。それを学んで日本に戻り、日本人をカッコよくしたいと強く思ったんです。それは今も変わっていません。

古川 日本人をカッコよく…ですか。

有田 カッコよさの基準を説明するのは難しいですが、たとえば僕のところでスーツを一着仕立てるというのは、それまでオーダースーツを選んでこなかったお客さまにすれば、大きな一歩だと思うのです。

古川 カッコよくなるために踏み出す第一歩、ということでしょうか?

有田 そう言い換えてもらっても構いません。そして仕立てたスーツを着て、白いチーフを胸に刺してみる。それを誰かがほめてくれたらすごくうれしいじゃないですか。チーフというアクセサリーを身につけるのは、初めての人にすれば大事件なんです。また、僕が仕立てたスーツを着るようになってから、レストランで女性の椅子を引けるようになれた、という話が聞けた時はすごくうれしいですし、それって素敵なことですよね。そういう振る舞いを自然と行える、勇気を与える誂えがしたい。そう思い続けています。

古川 それを聞いて、僕の師匠にもらったアドバイスを思い出しました。「新しいクルマを手にするというのは、クルマが変わるだけじゃなく、気持ちや行動、つまり人生が変わることなんだ」と。

有田 スーツはお客さまと一対一でつくり上げるものですから、僕とのやり取りの中で相乗効果が生まれ、服以上の何かが変わってくれればいいと願っています。僕はあくまで背中を押す役目に過ぎません。

古川 そのお話を聞いて、会話を大事にするという有田さんのスタイルが改めて理解できました。

有田 結局、人がまとうものですからね。

古川 Hondaの哲学も同様です。どんなに時代が変わっても常に人間中心。人が触れるものに対して唯一無二の価値を提供したいという思いは、アクセサリーの開発でもまったく同じです。今日お話しできて、お客さまの満足度をより一層高めていくこと、それが僕の仕事なのだと再確認できました。これからも一人ひとりを感動させられる、オーダーメイドのようなデザインを心掛けていきたいです。

CIVIC HATCHBACK

「誂えの流儀」が息づく純正アクセサリーをまとった
シビック HATCHBACKの2つのスポーツスタイル

Excite Sporty HATCHBACK

Premium Sporty for HATCHBACK

CIVIC SEDAN

「誂えの流儀」が息づく純正アクセサリーをまとった
シビック SEDANの2つのスポーツスタイル

Premium Sporty SEDAN

Black Sporty for SEDAN

CIVIC SEDANのサイトはこちら