オデッセイ / 1994

開発者の信念と情熱から生まれた生活創造車

オデッセイ / 1994

大きなミニバンをつくってほしい

1990年8月、91年型レジェンドの立ち上げで狭山工場に長期滞在していた小田垣邦道(当時、技術研究所CE)のもとに、技術研究所から1本の電話が入った。用件はアメリカ向けの大きなミニバンをつくってほしい。具体的にはレジェンドのV6エンジンを積んだ大きなミニバンを、アメリカに新工場をつくって生産してほしいというものだった。これは、アメリカン・ホンダ・モーター(以降、アメリカン・ホンダ)社長の雨宮高一からの強い要望でもあった。

Photo

1994年10月に発売されたオデッセイSタイプ4WD(電動サンルーフ仕様車)

早速、開発チームとして20人前後が集められた。小田垣は開発LPLとなり、1990年9月、5、6人のチームメンバーと共にアメリカに飛び、約1カ月間、アメリカにおけるミニバンの使われ方について、徹底的に調査をした。

「アメリカでは、より高級なクルマに乗りたいという価値観から、自分の使い勝手に合ったクルマに乗りたいという考え方にシフトしてきていた。そのクルマ文化に大いに共感を覚え、絶対にHondaもミニバンをつくるべきだという思いを強くしました」(小田垣)。

当時、アメリカで売られていたミニバンは約2万ドルだった。Hondaが新工場をつくり、レジェンドのV6エンジンを搭載すると、試算では3万ドルもの高額なミニバンになってしまう。何とか安くできないかと考え、4気筒のアコードのエンジンを使うことも、別案として検討した。そんな時に、このミニバン開発は正式な中止宣告を受けた。

「私としては命令は聞きました。しかし、中止すべきではないと思います」。
アメリカのミニバンニーズを満たすクルマをつくりたいという信念を持っていた小田垣は、本社の開発総責任者と40分間も電話で話をしたが、平行線のままだった。
チームメンバーもまた、続けるべきだと強く思っていた。それは拡大しつつある米国市場を、自分たちの目で観ていたからであり、ミニバン文化を日本に輸入すべきだと思っていたからでもあった。

その年の暮れからは、業務指示外で秘密裏に開発が始まった。社長と商品担当役員、技術研究所のトップらが、開発の継続を暗黙のうちに認めてくれていたことが、せめてもの救いだった。
チームメンバーは、さまざまなレジャーやスポーツの現場に出掛けては、クルマの使われ方を観て、話を聴いた。

「お客さまがほしいのは何なのか。それを見極めて、これでなくてはと言っていただけるような、他では得られない価値をつくれるかどうかが勝負だと思っていた」(小田垣)。

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991