語り継ぎたいこと 〜チャレンジの50年〜

  1. 語り継ぎたいことトップ>
  2. Hondaのチャレンジングスピリット>
  3. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980

ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980

自動車王国アメリカに生産基地を築く

ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980

国際競争力の強化に向けて

1970年代に入り、Hondaを取り巻く内外の諸情勢は大きく揺れ動き、変化しようとしていた。

1960年代半ば以降、工業化やモータリゼーションの進展などにより、大気汚染が社会問題として深刻化。アメリカで制定されたクリーン・エア・アクト(大気清浄法)は、1970年にマスキー法として改正され、自動車の排出ガス規制はより厳しさを増した。それは、日本の環境行政にも影響を及ぼし、国内の自動車排出ガス規制もさらに強化された。

Photo

HAMメアリスビル工場全景。前方の建物が1979年9月に操業を開始した2輪車工場。後方が4輪車工場

各自動車メーカーは、その早急な対応を求められるようになり、社長の本田宗一郎は、
「これで、われわれ後発の自動車メーカーも同じスタートラインにつくことができた」
と、技術研究所員の奮起を促すと共に、全従業員にも、今がチャンスであると、ホンダ社報などを通じて自らの考えを述べた。

1971年8月、アメリカ政府はドル防衛政策を発表。円の変動相場制への移行による円の実質切り上げが進行し、日本の株式市場は暴落に見舞われるという事態となった。

これは、売上高に占める輸出比率が6割に達し、その中でも対米輸出依存度が高いHondaにとって、大きな衝撃であった。
藤澤武夫(当時、副社長)は、
「新しい発想でこれからの生き方を考えないと、この先も外圧によるショックを繰り返すことになる。(中略)技術導入、大量生産、合理化での輸出急増というパターンはすでにカベにぶつかった。何かもっと個性のあるやり方を考えねばならない」
と、1971年9月7日付の日本経済新聞の紙面にて、自らの意見を述べた。

1972年4月、専務の河島喜好の提唱により、激変する諸情勢にも柔軟に対応できる企業体質づくりを目指そうと、ニュー・ホンダ・プラン(NHP)が全社的規模で活動を開始。『生産の世界戦略』は、その企業プロジェクトの一つとして検討・推進された。

1973年10月、その河島が、創業者の本田・藤澤からバトンを受け継いで社長に就任。その矢先に、またもや世界経済を根底から揺るがすような出来事が起きた。第4次中東戦争に端を発した第1次石油危機である。この石油危機は、各企業を直撃したばかりか、全世界の人たちに、将来に向けての深刻な問題を投げ掛けた。特に、石油資源をほぼ100%輸入に頼り、高度経済成長の波に乗り続けてきた日本経済は、まさに鉄槌(てっつい)が振り降ろされるような衝撃を受けたのである。

それは、Hondaにおいて、諸情勢の変化に左右されずに、安定して商品を供給できる体制づくりを早急に推し進め、生産拠点の分散、一層の国際化という考えが根付く契機となった。

特に、『買って喜び、売って喜び、つくって喜ぶ』というHondaの理念の中には、需要のある所で生産することで、その地域の雇用の機会を拡大し、税金を納めることで地域の社会・経済活動への貢献につながるという考えがある。この理念に基づいて、どの地域に、どのような活動を通じて活路を求めていくべきか。

その対応として、NHPの『生産の世界戦略』の企業プロジェクト活動は、先進国、特にHondaの最大市場・アメリカにおける2輪車の現地生産実現の可能性を取り上げることに発展していったのである。

1974年秋、河島の指示により、フィジビリティー・スタディー(実現可能性の調査・分析)が実施されることになった。現地生産工場の視察や、輸入完成車と現地生産車とのコスト比較などの検討が重ねられた。が、日本製完成車と同等の品質がアメリカでの生産で確保できるかは、採算性と並んで大きな課題であった。
「よし、分かった。この件はいったん私が預かることにしよう。ただし、調査データは、必要な時にいつでも取り出せるようにしておくこと」。
河島は、アメリカにおける2輪車現地生産を見送ることとし、NHPの検討プロジェクトも解散された。だが、アメリカに生産基地を設けて現地生産を行うことは、河島の構想から離れてはいなかった。
――いつまでも、輸出の一方通行が続くわけはないんだ。利益ばかりを追求していては、いつまでたっても決断はできない――。
河島は着々と決断のタイミングを計っていた。

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991