ついに果たした4輪業界への進出

ついに果たした4輪業界への進出

「子供のころに、T型フォードが走っている後を追いかけながら、地面にこぼれたオイルに鼻をくっつけて、においをかいで刺激されたことが、今日のクルマづくりにつながっているんだ」。
本田宗一郎は、米国の自動車殿堂入りを果たした時(1989年10月)に、こう語っている。

1961年5月、通産省から自動車行政の基本方針(後の特振法案)が示されたことで、本田の長年の夢であった4輪業界への進出が、一気に現実となってきた。

Photo

第9回全日本自動車ショーに、Hondaは初の4輪車であるHondaスポーツ・S360、同S500、軽トラック・T360を出展した(1962年10月)

1958年9月、白子工場内の技術研究所で、第3研究課が発足した。同課では、1955年5月に発表された国民車構想に応じた軽4輪車の試作車・XA170を手始めに、2シーターのスポーツカー・XA190と軽トラック・XA120へと、開発業務が進んでいった。

1961年5月、通産省から自動車行政の基本方針(後の特振法案)が示された。特振法が成立すると、4輪業界への新規参入が認められなくなる。Hondaは、法案成立前に4輪車の生産実績をつくるべく、1962年1月に急きょ、軽4輪スポーツカーと軽4輪トラックのプロトタイプ製作に着手した。
1962年6月5日、建設中の鈴鹿サーキットで行われた第11回全国ホンダ会総会で、本田宗一郎はHondaスポーツ・S360を自ら運転し、会員が注目するメーンスタンド前を、さっそうと走り抜けて行った。この日、軽トラック・T360も展示され、Hondaが4輪業界に進出することを強烈にアピールしたのであった。

1964年7月、Hondaは全国各地でSF(Service Factory)の建設を開始。1966年4月には、ホンダ中古車販売(株)、(株)ホンダ営研、ホンダ信販(株)を設立した。これらは、2輪販売店を4輪販売店とするために、販売店が売ることだけに専念できる支援体制・仕組みづくりであった。
1966年12月には、全国主要都市で営業所の建設がスタートし、翌春までに70カ所が開設された。

1966年10月21日、Hondaは軽乗用車・N360を発表した。最高出力31馬力、最高速度115km/h、運行燃費28km/Lという、小型乗用車並みの性能と、大人4人がゆったりと乗れる居住性、安全性への配慮など、従来の軽自動車のイメージを完全に打ち破ったものであった。同年12月には販売価格を313,000円と発表。この低価格も大きな話題となった。

1968年10月21日、Hondaは東京・大阪・名古屋で小型乗用車・HONDA1300を発表。世界初の画期的D・D・A・C方式(Duo Dyna Air Cooling System)の空冷エンジンを搭載した同車は、Hondaが小型乗用車市場に打って出るための期待の商品だった。

1972年10月11日、Hondaは、低公害エンジン・CVCCの全容を発表した。同エンジンは米国・EPA(環境保護庁)のエミッションラボに送られ、立会いテストの結果、同年12月末に、マスキー法の1975年規則の合格第1号となったのである。

1972年7月、Hondaは小型乗用車・シビックを発表・発売した。同車は台形・FF2ボックス車という、従来のクルマの常識を打ち破った全く新しいコンセプトで、当時の小型車市場に新風を送り込んだ。
1976年5月、HondaはアコードCVCC1600を発表した。さまざまな生活用途を満たすハッチバックスタイルの同車は、Hondaの発展期を迎えるための布石としての役割を担っていた。
その後、シビックとアコードは、Hondaの国内外の生産と販売を支える基幹車種・ワールドカーとして成長していったのである。

  1. 1

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991